プロフィール

ウマコ

初めまして!慢性疲労症候群=英語では、CFS(chronic fatigue syndrome)の治療のため、病院に通い始めたのが2005年の6月。

10月に慢性疲労外来で、CFSの砧(精神疾患が見られない類型)と診断されました。

ブログは2005年の10月からスタート。

【発症してからCFSと気付くまでの13年間の経緯】
今振り返ると93年の1月にかかったインフルエンザが発症のきっかけだったような気がしています。

それ以来、6月〜8月以外の10ヶ月間、風邪をひいては治らず、ずっと風邪の後遺症状に悩まされて生活してました。ようやく「もしかして自分は慢性疲労症候群?」と気付いたのが2005年のお正月。

93年以降、ドクターショッピングを繰り返し、「どう考えても自分がただの風邪であるはずが無い!」と、12年間経って、ようやく確証するに至る。

それまでは、真面目で責任感を感じすぎ、かつ頑張り過ぎる性格(慢性疲労症候群になる人に多いと言われている性格ですね、、。。)とは言え、全体としては楽観的な性格だったんですね。

身体をだましだまし、頑張り過ぎてきちゃいました、、、。
13年の間には2年程は調子の良い時(調子がよい、と言っても標準的な人から見れば余裕で虚弱。)の波が来るものですから、その時期にまたがんばり過ぎて、再発症していたと推測しています。

普通に生活しようと無理矢理努力していたんだなあ、と今なら思えます。この厳しい現代社会、学生だって社会人だって毎日がむしゃらにがんばらないと、自分の納得の行く人生って送りにくいですよね?それだけに、CFSだとしても、がんばり過ぎないって難しい。

この13年間、「自分は何でこんなにがんばれないの?」「こんなんじゃ目的達成出来ない!!」と自己嫌悪に陥ることのなんと多かったことか!!

調子が最悪に落ち込んだ時に、体をひきずるように病院に行っても、どこでも検査してもひっかかりませんし、「ただの風邪です。」と言われていました。「病は気から」だし、がんばっていれば調子が上向きになるはず!と思おうとして無理を重ねていたわけです。

そういう12年間の生活態度や心の持ちようが今振り返ると、現在の私の持っている慢性疲労症候群の諸症状を悪化させている気がします。


【もしかして、私って慢性疲労症候群?と気付いたきっかけ】
難病センターのHPで、難病をしらみ潰しに探している内に、大阪大学のHPに到達。あまりにも慢性疲労症候群の症状に自分が当てはまるので、すぐにピンと来ましたが、発祥してからはもう12年!気付くまでに長くかかりました、、、。

現在通院出来る病院が見つかったため、相当心が楽になり、重荷がすっと取れました。知らず知らず、不安をかかえつつ、毎日過ごしていたのでしょう。

暗中模索状態から抜け出るということは、身体にもこんなにもいい影響を与えてくれるのか、と正直驚いています。

【病院での治療とその現状】
そうは言っても、治療法も診断方法も確定していない現在、医師にお任せするだけでは治らないと考えています。

現在、まだまだわからないことだらけのCFS(慢性疲労症候群)。

相当日本より先にCFSの認知が進んでいるアメリカでさえ、まだまだよくわかっておらず、CFSと認定された患者達は試行錯誤を繰り返して生活している様子です。

ここ日本で運良く通院出来る病院が見つかったとしても、患者が受けられるのは、今後のCFSの研究のためのデータ集めの意味合いが強そうな検査と、漢方(補中益気湯)とビタミンC・ビタミンB12の大量投与。

検査してもらえても、他の病気と違い、検査結果が即治療に結びつかないのが現状なんですってね(>_<)

12年間のドクターショッピングを思えば、診てもらえる所がある!!という喜びで一杯ですが、自分で積極的に調べ、生活を改善していくことも非常に大切だと考えています。


【このブログの目的】
そこでこのブログに調べたこと、効果が出たものなどを記録していき、皆さんと情報交換しつつ、共に治療が出来れば嬉しいな、と思っています。

何せ、自分が慢性疲労症候群だと気付いたのが今年の1月で、通院しだしたのが6月です。全くの素人ですので、情報に誤りがあったら是非、お手数ですが教えて下さいますでしょうか?よろしくお願い致します。

【管理人、ウマコの2005年6月の体調】
あ、ちなみにCFSの症状は6月の問診の時点では、

6:調子のよい日は軽作業は可能であるが、週のうち50%以上は自宅にて休息している。
7:身の回りのことはでき、介助も不要ではあるが、通常の社会生活や軽作業は不可能である。
を行き来してました。家族に迷惑かけまくりです(^^ゞ


【2005年10月ブログスタート現在の体調】
今は7月から服用している補中益気湯が効いているのでしょうか。それとも、CFSと気付いて、安静に日々を過ごすようになったおかげもあるのでしょうか。

ほぼ1日中痛みと疲労と戦って寝ている(起き上がれない)日が、一週間に7日から、一週間に4日位に減ってます!イエイ!

とは言っても、残りの3日の過ごし方は以下のようなもの。

◆比較的調子の良い日の状態◆
ひたすら自宅でおとなしく、静か〜にしています。
極端な話、歯を磨いたり、お風呂に入る以外はなるだけ座っているか横になっている。読書も体に有害なので、今は簡単な内容のTVを見るくらい。

・読書
大好きな本(特に社会学、法律学、経済学の本)を、先月のとある日に、調子がマシだし久しぶりに頭がクリアーだし、読んでもいいかな?と考えて、1冊を続けて2時間プラス後で1時間で読んだら、その夜中から体中が痛くなり、リンパは腫れて微熱は出るわで大変でした(^_^;)

・パソコン利用。
日頃から光に対して目が異常に反応してしまうので、日中、夜間も光に対して目がチカチカし、まぶしくてまぶしくて困っているのですね。

年中サングラスをしていると楽。夜の地下鉄でもサングラスをしている方がよく物が見えます。

パソコンをすると、慢性疲労症候群の方で同じような症状が出ている方ならおわかりのように、チカチカしちゃってそもそも画面を見れません。

そして、何よりも脳がぐったりするので一日の内で、がんばってもPCの作業は「今日はめっちゃ調子が良いやん!」という日でも、細切れにやったとしても合計2時間が限度。

難しい作業は集中力が持たずに全然出来ません。ほんと、アルジャーノンに花束を、の主人公の気持ちが痛いほどわかりますね。

【コメントとブログの更新について】
というわけで、このブログの更新も遅々としたものになり、コメントのお返事などはなかなか出来ないと思います。その点、コメントをしてやろう、と考えておられる方、ご了承下さいね(^_^)


と、長くなりました!!

慢性疲労症候群の人々は、

(える症状が個々人で微妙にズレており、十人十色なこと(それがまた治療の難しさにつながってしまうのでしょうね、、、。)

△いに自分の症状を把握し、体に鞭打たず、日常生活を工夫して過ごし、生活の質を上げるか、が治療を考えると第一なので、他の慢性疲労症候群の患者の生活状況が大変参考になる。

と思っていますので詳しく書いてみました。
参考になれば幸いです。


【アメリカ&イギリスからの情報によると、慢性疲労症候群には食事療法が効果的】と、【慢性疲労症候群について日本で一番詳しい本】をまず読まれるのをお薦めします。

categories
iHerb.comお買い物リスト
(何度も買っているお気に入り)
最近頻繁に利用しているiHer.comというアメリカの通販会社のご紹介。

体に優しくて甲田療法を続けられる食べ物を買っています。だいたい月7000円利用して、いろいろ試して楽しんでいます。
一時あまりにも自分の欲しいものが売っているので、ハマりすぎて半年位、月1万5000円位使い続けていて、家計がヤバかったです(^_^;) 

今は落ち着いて、本当に必要で、失敗を重ねてこれなら大丈夫というものだけを買うところまで来ました。

サプリと砂糖なしのお菓子やグルテンフリーのパスタ、家族用に混ぜものなしの蜂蜜をよく買っています。

日本では必ずハチの巣に農薬をまんべんなくかけなくてはいけないのをご存知ですか?法律で決まっているんです。 農薬まみれ&水あめの混ぜものがされてる蜂蜜が当たり前なのが日本の実態です。

食品以外では、天然成分オンリーの芳香剤など、匂いと化学薬品に敏感な症状が続いているので、日本で買うより同じ質のものが80%オフ〜40%オフで買えるため、大変助かっています。



[スピルリナ]
Now Foods, 100% Natural Spirulina, 500 mg, 500 Tablets .66


スピルリナ本来の匂いを消すために、香料を添加して飲みやすくしている商品が日本には多いため、最初は香料で気分が悪くなり困っていました。

無香料のが日本でも買えるのですが、値段が倍以上します。iHer.comというアメリカの通販会社でスピルリナを買うと、日本の商品のクオリティより良いものがだいたい半額で買えることが多いのでハマっています。

今回ご紹介のNowFoodsのスピルリナは、匂いがそのままなので安心。

初回にYAK065と、買い進めて行くと入力する画面が出てきますので(結構最後の方です)、入力しますと40ドル以上で10ドルの割引、40ドル未満だと5ドルの割引をしてもらえます。

良かったら是非どうぞお使いください^^ 私はアフィリエイトで儲けるために、買っていない商品などをリンクして宣伝することはありません。実際よかったもの、それも何度も購入して間違いない!というものに厳選していますのでご安心下さい。

甲田療法入門書


残念ながらこの下の食べ方問答の本はもう中古本しかないようです。
食べ方問答―少食のすすめ 我が心の師に健康道の奥義を訊く!
食べ方問答―少食のすすめ 我が心の師に健康道の奥義を訊く!
より健康になるために、甲田療法を
実践しているサンプラザ中野さんが
人は何故病気になるのか?という疑問
についても質問してくれてます。
対談形式なので読みやすい。



マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)
マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)
マンガなので、疲れていて本が読めない人、時間がない人に最適。西式運動のコツもわかりやすい。





■■■■お薦め記事2つ■■■■
【アメリカ&イギリスからの情報によると、慢性疲労症候群には食事療法が効果的】と、【慢性疲労症候群について日本で一番詳しい本】をまず読まれるのをお薦めします。
■■■■■■■■■■■■■■■■


RSS新着情報
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
My Yahoo!に追加
はてなRSSに追加

甲田療法必須アイテム

【柿の葉茶】
主に、坑酸化作用・傷ついた細胞修復
のために1日1-2杯飲む。70℃以下で煮出さ
ないのがポイント。
紹介しているのはどちらも国産の柿の葉茶です(^_^)
柿の葉茶はどんなに胃腸が弱っていても飲めます。
他のお茶と違って優しいのが特徴。さすが甲田先生!と唸ります。
ビタミン吸収率が自然素材な為、とってもいいんです。
熱に強いビタミンCなので、お茶にしてもビタミンCの成分が失われないスグレモノ。 美肌効果もありますよーー



おらが村の健康茶 柿の葉茶
柿の葉茶(宇治&青森県産)
↑国産24袋で698円。











【毎朝飲むスイマグ】
甲田療法では毎朝宿便を取る為に30ccを
500ccのお水で飲みます。
腸を痛めない・癖にならない便秘薬としても。

スイマグ(ネットで買えるように。リンク先のお店は当日発送してくれます。急いでいたので2度ほど電話をしてお願いしたことがあるのですが、とっても親切な店主でお勧めな雰囲気でした。
なりました。)




.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:
【玄米クリーム用に。】
一般的なミルよりもパワーが圧倒的に
強いのでクリーミーに仕上がります。
玄米粉は酸化しやすいので、食べる分だけ
そのつど粉にするのが良いそうです。


【よめっこさんの耐久性と品質】について書いた記事はこちら。



*:;,.★ 〜☆・:.,;**:;,.★ 〜☆・:.,;**:;,.★

【エビオス】

エビオス錠 1200錠



【スピルリナ100パーセント】

がアマゾンで最安値です。楽天よりも安い!!
送料込みでこのお値段なので、ここで買っています。

ヴェジタリアンだとB12が摂取しにくいので
スピルリナは今でも服用。

エビオスは植物性の酵母なので、ヨーグルトや
牛乳などの動物性の乳製品より日本人の体に
合って います。だから、エビオスならアレルギー
や鼻炎、乳がんなどの原因にならずに腸内環境
を改善できます。




テスコムのミキサーなら4000円弱でありますが、とても馬力が弱いのでお勧め出来ません。Amazonのテスコム商品レビューは会社が書かせているという噂があるので、★の数が多くてもあてにならないと思います。性能をよく見比べて買われた方がよいですよ(^^)



【お勧めレシピ本】

粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫)
マクロビオティックも良いけれど、日本人が昔から食べてきた伝統食で日本人は一番生き生き出来るんだろうなあ、と思えた本。乳製品・パンをやめるだけでかなりの日本人は不調を無くせるんじゃないだろうか、とこれを読んで知りました。





【体に負担をかけずにお菓子が食べれるレシピ本を紹介。】

中島デコのマクロビオティック パンとおやつ
|翕腑妊海離泪ロビオティック パンとおやつ

菜菜スイーツ―卵・乳製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身
∈攤撻好ぁ璽帖粛顱ζ製品・砂糖なし 野菜がお菓子に大変身 カノウ ユミコ





recent comment
search this site.
            
archives
links
profile
mobile
qrcode
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
RSS&リーダー登録



RSS新着情報
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
My Yahoo!に追加
はてなRSSに追加











sponsored links